お知らせ:現在サイトの改修工事中ですがお問合せ・ご予約は受付中です。
フットダーツ(FootDarts)のレンタルを開始!【新入荷】 | バブルサッカーレンタルどっとこむ|大阪・関西から中部・四国・中国・北陸へレンタル&販売

フットダーツ(FootDarts)のレンタルを開始!【新入荷】

フットダーツ(FootDarts)のレンタルの受け付けを開始しました!

まずはフットダーツの動画を見てください。

動画のものはかなり大きく7m前後クラスのものになりますが、楽しさは伝わったでしょうか?弊社で今回取り入れたものはこれよりも小さい高さ3.5mでダーツ的3mのものです。それでも大人の身長で2倍程度ありますので近くで見るとなかなかの迫力です!サッカー経験者はもちろん、子供でも楽しめるサイズとしてまずはこの大きさを導入しました。秋には5mクラスのフットダーツを導入予定です。これから広めていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

レンタル用にフットダーツを購入した経緯

バブルサッカー事業を開始して3年3か月、たくさんの方々に体験してもらうことができました。弊社はイベントで使うふわふわなどのエア遊具専門の中国の工場の複数と直接取引をしており企画・製造・検品・輸入をしています。いろいろな商品を案内される中でフットダーツは2016年の夏頃からヨーロッパで流行っているから取り入れてみてはどうかと何度も連絡をもらっていたものです。

バブルサッカーを長い間扱っていてなんなんですが、この記事を書いている中の人(松森)はサッカー部でもなく趣味でフットサルをなんてこともなく、部活でも野球やバスケットボールをしてきた人間です笑 地域のサッカー協会や少年サッカーチーム、フットサルコートの方々にもたくさんお世話になりましたがサッカーは観戦専門でなかなか経験者の雰囲気を出せずにいました・・・そのため、フットダーツも最初に見たときに狙うの難しそうやし自分がやって楽しいのか?メッチャ重そうやけどどうやって運営しようか?みたいなことを先に考えて躊躇していました。さらに、バブルサッカーの時に感じた中国の製造は慣れるまでに時間がかかるという経験から少し待っていたところもあります。バブルサッカーはふわふわのような巨大なものを作るよりは小さいけど、パーツやつなぎ目が多く製造ミスもかなり多かったです。商社から自社で中国の工場をいくつも回り製造をした時も最初は大変でした。

中国製品というとイメージが悪いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、今は(面識のある会社には)とても真面目に動いてくれます。顧客対応も英語ですがリアルタイムでチャットをしながら比較的丁寧にしてくれます。品質の悪いものが出るのもわざとやっているというよりは6割くらいで商品として売り出すので、現場のオペレーションが確立するのに時間がかかるという印象です。

レンタル用にフットダーツそろそろ導入してもいいかな?

バブルサッカーも最近は運動会やイベントのキッズスペースなどという、サッカー以外で楽しむということが増えている中でフットダーツもいろんな使い方ができるなと感じてきました。まずは、世界中でフットダーツはサッカーボールだけが使われていますが、野球のトスバッティング、テニス、ゴルフ、アーチェリー、球技が苦手な人向けに引き金を引くだけのショットガンなども導入します。誰でも楽しめるというのはバブルサッカーに共通した考え方です。

フットダーツのイメージとしてはこんな感じです。

フットダーツ レンタル 道具

弊社のフットダーツは両面にダーツ的を取り入れ、軽量化も実現!

画像にさらっと書いてありますが、このフットダーツのモデルは両面にダーツ的があります。イベントで危惧したことはバブルサッカーは同時に8人~12人1コートで体験できるのに対してフットダーツは1人3投だとしても時間当たりの体験数が少ないなと感じていました。今回レンタル用に取り入れたフットダーツは脚の部分の軽量化を図ることで運営面の負担を減らし、両面モデルを採用したことで少しでも多くの人に遊んでもらうことができます。

レンタルできるフットダーツの大きさは?

今回レンタル用に導入したフットダーツは高さが3.5mダーツ的が3m。脚の部分の前後が3.5mで左右の幅が3.2mでほぼ立方体に近い形をしています。体育館でイベントを考えている方はこちらのサイズで一度ご検討ください。小学校のバレーコートの真ん中に置いて両サイドから狙うような距離感になるかと思います。これであれば、バレーコートが2面ある体育館ですと片面でフットダーツ、もう片面でバブルサッカーといった楽しみ方もできますね。
ちなみに秋に導入予定の高さ5mのフットダーツはダーツ的が4m、脚の部分の前後が3.8m、左右の幅が4.7mとなっております。屋外であれば問題ありませんが、体育館で使用しようと思うとバレーコート1面だと少し狭く感じるので、2面の中間に設置して両サイドから狙うような感じになるかもしれません。

フットダーツのレンタル費用は?

フットダーツは直接お伺いできる範囲を優先してご予約お受けいたします

弊社では、バブルサッカーのレンタルでもできるだけ現地にお持ちするようにしています。実際人件費を考えると送ったほうが楽なのですが、箱に入ったバブルボールだけが届くだけよりも慣れた人間が持って行ってコミュニケーションをとりながら準備や説明、撤去までした方がお客様も安心できるだろうという想いがあります。

実際に、これまでは関西、四国、中国、北陸、中部エリアはバブルサッカーでもできるだけ直接お持ちしています。送料は上記の金額の範囲内で行きますねというかたちにしているのでお客様からすればメリットだけかと思います。中には、朝のイベントだからと前乗りの宿泊費も負担していただけるところもありますが、できるだけご予算に合わせて対応しております。

こちらのフットダーツのレンタル価格はオープン記念価格です!

今回、レンタル費用をこの金額とさせていただきますが、費用は予告なく変更される場合がありますので予めご了承ください。ご予約いただいてからの変更はありませんので、ご検討中の方はお早目のご予約をお願いします。実績を重ねてよりよい運営方法を模索することが必要ですので、他のイベント用のふわふわドームなどと比べてかなり安く設定しています。そのため、今後金額は上がる可能性の方が高いかと思います。

フットダーツ×バブルサッカー同時レンタルの特別プラン!

できればバブルサッカーと一緒にご依頼いただけると・・・

フットダーツのご依頼だけでももちろん嬉しいです。屋外のイベントなどではふわふわの代わりに使っていただけるかと思います。ただ、もし少しでもご興味頂けるのならバブルサッカーも一緒に頼んでいただけるともっと嬉しいなということで、特別なプランをご用意しました。送料を考えるとバブルサッカー2セットよりもお安くイベントを行うことができます。バブルサッカーのレンタルページはこちら

フットダーツ レンタル 特別プラン

直接お持ちしている都道府県一覧

関西エリア(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)、中部エリア(愛知、岐阜、長野、静岡の一部)、中国エリア(岡山、広島、島根、鳥取)、北陸エリア(福井、石川、富山)、四国エリア(香川、愛媛、徳島、高知)

これらの地域でも早朝からのイベントの場合は前乗り費用のご相談をさせていただく場合があります。また、複数レンタルの場合これらの都道府県以外のお客様も一度ご相談ください。できるだけ柔軟に対応させていただきます。

いろいろ書きましたがまずはお気軽にご相談ください

イベント内容も様々だと思います。私たちもバブルサッカーイベントはもちろん、スポーツイベントや運動会の企画・運営サポート、PTAのイベント、TOTO助成のイベントなども経験しておりますので、何かしらのアドバイスができるかと思います。是非お気軽にお問い合わせいただければと思います。

日々の更新はフェイスブックページでも行っておりますので是非ご覧ください。

日本バブルサッカー協会関西支部のFacebookページはこちら
お問い合わせバナー

PS.フットダーツの購入を検討されるお客様

今回レンタル用に取り扱うサイズは高さ4m弱のものになります。これで重さ40キロくらいの重量のあるものです。レンタルで誰でも扱える重さとしてはこれで十分かと思いますが、常設したい施設や大型イベントの場合はもっと目立ちたいかもしれません。秋に高さ5mのフットダーツはレンタル用に入荷予定をしております。国際送料、国内送料、関税などで費用はかなり上がりますが、高さは10m程度まで製造できますのでもしご興味ありましたらお問合せください。デザインの相談や複数購入などできるだけお手伝いさせていただきます。

また、現在のところ弊社が独自でイベントを行うことは企画できておりません。イベント会社、広告代理店の方で興味のある方はお気軽にお問合せください。営利目的の貸し出しも特に規制しておりません。