【行政にバブルボールの納入】競争入札で大阪市城東区役所がご購入!

 
バブルボール販売 大阪

この記事を書いている人 - WRITER -

大阪市にバブルボールを購入いただき納入しました

3月は期末ということもあり本当にたくさんのご注文をいただきました。これまではあまりなかった業界への導入も決まりどのような反響があるのか楽しみです。また使用感などのフィードバックをいただきますが、放課後デイや発達障害のお子様をサポートする保護者サークルでの導入、ロータリークラブが地域のスポーツイベントへの協賛で寄贈するかたちでの導入、今回ご紹介する大阪市城東区役所以外にも、行政案件として岩手県や福島県飯舘村への納入も行いました。他にもありますが幅広い業界で導入いただけました。そして、今回はその中でも弊社の所在都道府県でもある大阪市の城東区役所の例をご紹介しようと思います。併せて、3年連続で開催している大阪府青少年指導員連絡協議会の地域の子供への企画の様子も簡単にご紹介します。

2月初旬にバブルボールの購入について大阪市城東区役所からの電話

バブルサッカー屋さんを初めてもうすぐ5年目を迎えます。そして企業実績ページを見ていただけるとお気づきかもしれませんが大手企業や行政のお問合せも少なくありません。そんな中で大阪市の区役所からの電話でしたのでいつものようにご用件を伺っているとレンタルかと思っていましたが購入を検討されているとのことでした。

バブルボール購入後の利用目的は?

これまで全国で教育委員会や役所の地域振興課など行政でもいろいろなレンタルや購入がありました。今回の大阪市城東区役所では「地域の小中学校で予算規模の小さなところにも新しいスポーツを体験してもらいたい」ということでした。最近ではウレタンスポンジ状のやわらかいフリスビー「ドッヂビー」や、鉄製のペタンクを子どもや障がいのある方でも扱いやすくなっている「ボッチャ」などが新しいスポーツ遊具として導入される例が増えているようです。ただ、これらは費用もそれほど掛からないので行政や保有して貸し出すにしても学校で購入していることも多くあまり需要がないとのことでした。対してバブルサッカーで使用するバブルボールは予算規模が少し上がりますので大きな学校や人数の多い私立学校などでは導入しやすいですが、規模の小さな学校ではなかなか体験できないのではとのことで導入を決められたそうです。

バブルボールの購入は3社の競争入札に

過去にも行政によるバブルボールの購入は何度もありましたので3社の競争入札も了承したうえで、弊社のバブルボールの仕様や購入条件などを事前にお伝えしました。また、ちょうど2月初旬は工場も旧正月の影響で製造や物流、税関の流れが止まったり滞ったりすることを説明して、2月下旬からの製造になることにもご理解いただきました。納期は3月3週目でしたので特に問題のない余裕のあるスケジュールです。そして数日後に購入希望の仕様書と見積書が届きます。

仕様書を見ると弊社のバブルボールとは違う形や条件。。。

競争入札のときは多くの場合、どこかの企業に問い合わせを入れて商品の仕様や特徴などを聞いてそれをまとめたものを複数社に流すということがあります。届いた仕様書を見ると指定されたサイズや重さなども弊社とは違うものでした。「別の会社をメインに考えているのかな?」同時にそんなことも考えました。もちろんこのサイズで製造することもできるのですが、いま弊社で使用しているバブルボールは自社で素材やパーツを選定して独自の規格で海外工場での製造後に輸入しております。また、これまで何百件もレンタルやイベント企画をして、圧倒的に現場を見てきた中で改良を続けているサイズや形状、パーツです。

バブルボールは会社によって素材も形も様々

バブルサッカーはまだ生まれて7年程度の新しいスポーツです。そして、そこで使われるバブルボールももちろんまだまだ新しいものです。バブルサッカーは世界中で広まっているなかで道具も進化していて、ちゃんとした工場は現在進行形で世界中からフィードバックを受けて改善を続けています。ネタのようになりますが、一番初めにバブルサッカー協会関西支部として活動したときの初めのバブルボールは、キックオフの時の衝撃で肩のベルトのパーツが4つ壊れました笑 そして試行錯誤しながら国内輸入代行会社から購入してみたこともありましたが毎回仕様が違って品質が安定しない。そして、結局は自分の足で本当にいくつも海外の工場を周り今の品質にまでなりました。大きく形が変わることはありませんが、今でもパーツの品質を上げながら改善をしています。

少し話はそれましたが、競争入札であまりくどく言うのもどうかと思っているので簡単に大阪市から頂いた仕様について文章で説明させていただきました。

回答期日の数日後、バブルボール発注の入札決定の連絡がきました

予定日を数日過ぎていたので別の会社に決まったかなと思っていましたが、数日した「2月19日」にメールにて契約確定の連絡が来ました。納入期限は「3月29日」。その後は大阪市指定の「物品供給見積書」、「仕様書」、「明細書」などに記載して、工場へ正式発注を。旧正月の影響で製造開始は2月23日となりましたが、完成が「3月4日」。大阪への予定到着日は最短「3月6日」となりました。他にも3件分同時に発注していたのですが、「土日含めて10日」でいつもよりかなり早い完成となりました。

バブルボール届きました!

早速、大阪市城東区役所の担当の方にバブルボールが届いた旨の連絡を。納期よりも20日以上早かったのでかなりビックリされておりましたが、納品日程の調整をさせていただきました。倉庫の片付けなどもこれからしようかなというところだったらしく、実際に納めたのは「3月15日」に区の指定の倉庫にお届けしました。せっかくなので1個膨らませてみて確認していただき、お話をしていると「意外にしっかりしてるんですね!もっとチャチイものかと・・・」というお言葉が。。。笑 (チャチいとわかってたもの買おうとしてたんですか?)と言いかけたところを抑えて、「安くチャチく済ませられますが素材やパーツにコストかけてるので意外にしっかりしてますよ。かなり軽くなってるのわかりますか?」と聞くと、ラウンドワンのスポッチャなどのものは確認していたみたいで、「たしかにこんなに軽くなかったですね。もっと重いものだと思ってました。」「今回購入いただいたバブルボールはTPU製なので、スポッチャにあるものと比較すると恐らく3kg程度軽くなっていると思います。」「これなら丈夫そうだし安全に子どもたちも走り回ったりできますね。」「また、使い方や遊び方でわからないことがあればお気軽にご相談くださいね。」

このような感じで見積もり依頼から納品まで済ませることができました。

圧倒的な実績と確かな品質で競争入札の受注率は80%を超える実績があります

過去に行政や大手企業、広告代理店などで競争入札になることが何度もありました。なお、基本的に弊社から入札に申し込むことはしていないので、役所からの見積もり依頼や納入出入り業者の地域のスポーツ店やイベント会社からの見積もり依頼にお応えすることで対応しています。バブルサッカー業者同士の競合になることもあれば、他のコンテンツとの競合になることも経験しております。私たちはもともと他社に比べて高い値段設定はしておりませんが、いわゆる価格競争で大きく値引きすることなく過去の実績やその納入先に合わせた使い方のアドバイスをさせていただき、仕様書作成や企画書作成のお手伝いをしています。せっかく導入するのであれば楽しく使ってもらいたい気持ちが強いので、購入後もアドバイスできるような関係はご希望に合わせて継続していきます。最近どんなイベントで使いましたか?みたいな質問でも大丈夫です。購入をご検討の方は下記ページへお進みください。

バブルサッカーの購入&販売について(バブルボール、バンパーボール)

3年連続で開催している大阪市城東区青少年指導員連絡協議会のイベント

大阪市城東区は実は2年連続で青少年指導員さんの地域の子ども向けのイベントでご利用いただいていて、たまたま納品の1週間後に3年目のイベントが決まっていましたので、「イベントをご覧いただいて実際に体験したり、子どものイベントの流れなどを視察されたらどうですか?」とお伺いすると前向きに検討されて実際に当日お越しいただきました。城東区の担当者の方と青少年指導員の担当の方も知り合いだったようでビックリしました。発注が決まったあとにこの話を聞いたので「(もっと早く知っていれば流行りの忖度が。。。)」なんてことは思わないようにしてバブルボールをどのように地域の小学校の子供たちに体験してもらえばいいかといったところの相談を過去の例を参考にお話しさせていただきました。

総合型地域スポーツクラブがサッカーくじのTOTOの助成金などを利用して購入していただくことは多いのですが、行政が購入して地域に広げる場合は少し工夫が必要かと思います。各学校の先生に説明したり、どの学校から回るか、安全に体験させるにはどうすればいいか、教育委員会やPTAにも協力してもらうかなど。全国のPTAや教育委員会からのお問合せなら何度も実績があるのですが、それはすでにバブルサッカーを知っていて、調べているうちにイベントで使えば子どもたちも喜ぶだろうと会議を重ねた結果の話です。逆に知らない人にバブルサッカーっていうこんなスポーツがあってね、子どもでも安全にできて・・・と説明していかないといけないので少し工夫がいりますねという話をしていました。

青少年指導員のバブルサッカーイベント当日の様子

今年で3年目の城東区の青少年指導員さんは運営も慣れてらっしゃるので、指導員さん、区役所の方、参加者の子ども達とゆっくりお話しすることができました。今年は初めてフットダーツも体験していただき、サッカーボールやアーチェリーでも楽しんでいました。バブルサッカーの試合の待ち時間でも退屈せずゆっくり遊べるのがよかったみたいです。また、上手く浮き球を蹴ることができない女の子でもアーチェリーはやり方を覚えて一度射ることができると楽しかったみたいで終始列が途切れませんでした。

フットダーツ アーチェリーダーツ

アーチェリーダーツがどこのイベントでも人気です。フットダーツって名前が邪魔になったような気がしてきました笑 大人の方に話を聞くと、「やっぱりゲームや漫画で弓矢を飛ばすのって憧れがあるよね」って聞いて確かになと思いました。

バブルサッカーイベント風景

だんだん激しくなるバブルサッカーの試合も安全に体験できます。怪我にリスクが他のスポーツに比べて圧倒的に小さいこと、運動の苦手な女の子でも楽しめること、学年も大人も関係なく一緒に楽しめること。現場の声を聞くといろいろなヒントがあります。

バブルサッカー レンタル 撮影

せっかくのイベントですので、しっかり集合写真も撮りましょう!大人のイベントの場合は疲れた顔が出ないように試合前に試合が終わったようなテンションで先に撮影しておくものおススメですよ!笑

レンタルに興味ある方は下記ページをご参考にしてください。

バブルサッカー(バブルボール)のレンタルについて

まだこれからの検討だけどちょっと質問してみたいことが。そんなお問合せでも大丈夫です。お気軽にお問合せください。

バブルボール購入バお問合せ

この記事を書いている人 - WRITER -

フェイスブックページにて最新情報更新中!

Copyright© バブルサッカーレンタル.com|大阪・関西から全国へバブルボールをレンタル&販売 , 2018 All Rights Reserved.